ホワイトニングで歯をキレイにしたいのなら審美歯科がおすすめ!

歯

怖い歯茎の病気

歯科

多くの人が、歯周病にかかっていると言われています。歯周病とは、歯と歯茎の間の歯垢から発生するもので、腫れや出血という症状が出てきます。しかし、一時的な症状として出ることも多いので、これだけで歯医者に通うという人は少ないものです。そのため、多くの人が歯周病と気付かずに生活をしているということがあります。歯周病は、放置して治るというものではありません。歯周病は、進行すると歯がグラグラして抜けそうになります。かなり症状が進んでしまうと、健康な歯でも抜歯が必要な状態になってしまうので、早期発見と早期治療が必要になります。

歯周病の症状が、初期や中期であれば、1年以内に治療を行なうことが可能です。場合によっては3ヶ月程度で完治することもあります。しかし、症状が重くなってしまうと、1年以上かかるというだけでなく、数年単位での治療が必要になります。症状がひどくなってしまうと、歯を抜歯して入れ歯やインプラントという治療を行なう必要も出てきます。歯周病の範囲が広くなってしまうと、治療費もどんどん大きくなってくるので、早めに対応を行っていきましょう。歯周病の症状があまりないという人も、知らずに歯周病にかかっていることがあります。定期的に歯科医に通うことで、早期発見を行なうことができます。歯周病を見つけたら、早めにしっかりとケアを行なっていくことが必要になります。いつまでも歯を残すために、適切な治療を受けていくようにしていきましょう。