ホワイトニングで歯をキレイにしたいのなら審美歯科がおすすめ!

歯

白くして笑う

歯

マニキュアやセラミッククラウンなど様々な方法があるが、インプラント治療で主流となっているのはブリーチングと呼ばれる歯牙漂白である。ブリーチングは過酸化水素水が分解する際のフリーラジカルで歯に沈着した色素を分解する。歯科医ではオフィスホワイトニングと呼ばれる、過酸化水素水による分解を促進するためにハロゲンランプやレーザーで光を当てる方法が用いられる。また、ホワイトニングとは歯の色を白く美しく変える施術のことで、主に歯科で受けられる。また、市販の歯ブラシや歯磨き粉などでホワイトニング効果に特化したものを購入し家庭でケアを行う方法もある。一般的に歯科でケアを受けた方が費用は高くつくが、その分歯を白くする効果も高く、即効性も期待できる。
欧米では歯の美しさへの意識が高く、身だしなみや育ちの良さを表すものとされているが、近年日本でも歯のホワイトニングへの関心が高まり、歯科医院で施術を受ける人が増えている。歯科医で行われる方法としては、歯の表面の汚れを取り除いた後ホワイトニング剤と呼ばれる薬剤を塗布し、光を当てて効果を促進させるものが一般的である。薬剤の主成分は過酸化水素であり、35%程度の濃度で使用されるが、過酸化水素は歯茎や歯のエナメル質への刺激があり、欧米人に比べエナメル質の薄い日本人は注意が必要である。長時間の施術を行えば効果は高まるが、歯に悪影響を及ぼさないためには、短時間の施術を複数回に分けて行う方が望ましい。また、残留した過酸化水素を分解する酵素を持たない無カタラーゼ症であったり、虫歯がある場合、妊娠中である等の理由で、施術ができない場合があるため、安全に施術が受けられる状態にあるのか医師と十分に話し合うことが大切である。